×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 



12月B

参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古での基地建設阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 


国会前座り込みホームページヘ!!



「名護街宣大作戦!」のお知らせ

 名護市民は辺野古に注目しています。でも、なかなか現場に来ることができない、きっかけがつかめないという人達のために、辺野古の現場でおこっていること、今、名護市の全体の力が必要だということ伝えに名護市街へ出て行きませんか?


                        

☆飛び入り大歓迎!!

     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

 私たちは毎週土曜日、海上行動隊、海人のマイクアピールや
 ビラまき、写真の展示などを行います。皆さんもぜひご一緒に
 参加してください!!


☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!
      17:00 「じゅごんの家」でミーティング



12月10日(日)
座り込み966日目。



12月9日(土)

座り込み965日目。



12月8日(金)
座り込み964日目。




12月5日(火)

沖縄タイムス  2006年12月6日(水) 夕刊 5面
放射性物質使用に抗議/嘉手納町議会
 【中部】米空軍のF15戦闘機やMC130特殊作戦機などの部品にトリウムや劣化ウランなどの放射性物質が使用されている問題で、嘉手納町議会(伊礼政吉議長)は六日午前、嘉手納基地と北中城村の在日米軍沖縄地域調整官事務所を訪ね、米軍に情報開示を要求した。マーク・フランクリン所長は、「米軍機は米国の安全基準に従って製造しており、安全だ。環境や人体に影響はない」と明言した。

 田仲康榮基地対策特別委員長によると、同所長は「軍人を危険にさらす物質を米軍が使用するわけはない」と答えた上で、町民の懸念を上司に伝えると話した。

 田仲委員長は、「放射性物質を使用した機体が墜落、炎上しては大変な事態になる。住民は新しい問題を抱えたわけであり、米側には情報開示を求めたい」とした。

 またF15戦闘機のオーバーランについて、嘉手納基地のダニー・ジョンソン広報局長は「地域住民に不安を与えたことは残念」と謝罪した。

 一行は、また地対空誘導弾パトリオットについても配備場所を確認したところ、「運用の安全上、答えられない」と回答を拒否された。

 一行は同日午後、那覇防衛施設局と外務省沖縄事務所を訪ね、抗議・要請活動を展開する。

韓国より

「労働者の怒りを聞け」

レイバーネット から転載

動映像: 天を突く労働者の怒り!

「労働者の怒りを聞け」/イ・ジョンウォン記者

「国会を粉砕しよう」

労働者の怒りが国会前を埋め尽くした。非正規改悪法が国会本会議を通過し 民主労総は1日に国会前で総力決意大会を開き、激しく反発した。

2時から始まった集会が終わると約3000人の労働者は「非正規改悪案を粉砕しよう」と叫びながら国会へと進撃した。労働者たちは工事現場の周辺にあったパイプと角材を持って「国会を粉砕しよう」「労働者の怒りを聞け」と叫び、デモ行進を始めた。労働者たちの怒りは天を突いた。

ピョンテクよりきよこさんのHP
国際アムネスティ、キム・ジテテチュ里里長「良心囚」指定(ハンギョレ)
2006-12-1



国際アムネスティ、キム・ジテテチュ里里長「良心囚」指定


[ハンギョレ]

京畿平澤市ペンソン邑テチュ里で米軍基地移転・拡張に反対する集会・デモなどの活動をし、公務執行妨害などの容疑で懲役2年を求刑されたキム・ジテ(47)テチュ里里長が、世界的な人権団体である国際アムネスティにより「良心囚」に指定された。

国際アムネスティは30日、キム委員長を良心囚に指定し、釈放を要求する国際的な嘆願活動をすると明らかにした。国家保安法違反以外の容疑で拘束された韓国人が良心囚に指定されたことは、今回が初めてである。

国際アムネスティは、「キムさんは、平和的なデモができるという権利を行使した良心囚で、彼の信念や身分、アイデンティティのため拘束された」とし、「国際法により、政府は良心囚を拘禁する権限がない」と主張した。国際アムネスティ韓国支部キム・ヒジン事務局長は、「1日、東アジア調査担当官ラジブ・ナラヤンがアニャン刑務所を訪れ、キム氏に面会する予定であり、早い時期に政府と裁判所にキム氏の釈放を要求する嘆願書を送る計画」と言った。

国際アムネスティは、すでに3回にわたって平澤米軍基地移転・拡張推進過程で行われた政府の人権侵害事例を憂慮する声明書を出した。「平澤米軍基地拡張阻止のための汎国民対策委」常任代表のムン・ジョンヒョン神父は、「キムさんは全く暴力を使ったことはなく、むしろ警察と国防省による暴力がはるかにひどかった」また、「今回の決定で、キムさんの釈放運動がいっそう力を得ると思う」と言った。

この団体が定義する良心囚は、「政治的・宗教的信念、社会・経済的地位などの理由で投獄されたり、身体的自由が制限された人々の内、暴力を使わない人」を示す。今まで我が国で良心囚に指定された人々では、キム・デジュン前大統領、コウン・キムジハ詩人、ソンドゥユル教授などがいる。

チョン・ジョンシク記者
2006年11月26日

忘れないで!覚えていて!
“テチュ里小学校 秋の運動会”
あれこれ〜

冬に入ってからかなりなったが、今日、何日かの間草を抜いて整えておいたテチュ小学校の運動場で、秋の運動会が開かれた。おばあさん、おじいさん、子供達、一日中透き通ったほほ笑みと純粋な気持ちがテチュ里に音もなく響いた。

とても楽しかった一日・・・その姿の写真あれこれ〜!!


▲忙しいキムチ漬けの季節なので、運動会をする今日も、村のお母さん、
おばあさんたちはキムチ漬けをしていて、おじいさんたちが先に運動場に集まった。


▲"1人当たり30個ずつ 吹くんです〜"
風船で模型タンクを作るイベントに参加したテチュ里ハン・マンスおじさん


▲子供たちも面白がって一緒に風船も吹いて


▲後ろの一方では、昨日取ってきた豚焼きと、昨晩江原道まで行って買って来た
イカの丸焼きに人々が御箸を持って恐ろしく(?)集まった。


▲合間合間の休憩時間には童心に帰った大人たちと
子供たちが飛ばす凧が空を埋めた。


▲"私は昔、女の子たちと板飛びをして一緒に遊んでいたんだ。
その時はよく飛んでいたのに、今は疲れるな・・はは"
ミン・ビョンデおじいさんが暇ができると普通ではない板飛びの腕前を見せてくれた。


▲子供たちがワイワイと集まっていた"つけて"コーナー
砂糖とソーダをとかして固めたお菓子が
恐ろしく子供達口の中に入って行った^^;;;


▲キムチ漬けを終えて運動場に集まったおばあさんたちと一緒に、11時を少し過ぎると
別名"農業ダンス"で体をほぐしていよいよ運動会が始まった。


▲運動会の最初の順序はバンと爆発!
"一緒に暮そう!ずっと暮そう!"という文句と一緒にキャンディーがゴロゴロとあふれ落ちた。
老若男女懐いっぱいいっぱい人々が熱心にキャンディーをもらいに行った。^___^


▲砂糖の器に鼻をつっこんで口の周りが白くなってもただいいばかりだ。
町内の年寄りたちと運動会に参加した若い人々が相棒になって気持ち良い競走をした。
背中に背負われた年寄りたちも、背負って走る人々も、見物する人々もとても楽しい競走だった。


▲ワラの束で編んだ椅子で、少し休息を取っているお母さんたち

 


▲今回の競技はチャチギ!!昔の考えでテチュ里のおじいさんたち総出動した。
テチュ里vs平澤チキミの競技が始まった。
テチュ里のおじいさんウ・ギョンテ選手だ・・バリバリと言い張りながら結局勝利を収めたのはテチュ里チーム〜^^*


▲今回はおばあさんたちのチャチギ競技!
"ちょっとどいて見て〜私があっちまで飛ばして見るから"
今日、テチュ里のおばあさんたちがおじいさんたちではできない実力を行使された。


▲"よい、よい〜"
テチュ里運動場にゴム手袋ファッションが登場した。^^a
お酒一杯をひっかけたお母さん、楽しい農楽に合わせてダンスもして...


▲毎日毎日こうやってぱっと笑って暮らす日が
早く来たらいいと思います...






12月4日(月)
ヨッシーとじゅごんの家&えびのからライブ!! 
                               IN じゅごんの家
第1部はヨッシーとじゅごんの家!!
第2部はえびのからライブ!! えびちゃんの爆笑MCを交えつつ、 えびちゃんの名曲「たね」の前に、しんくんの「森の話」。照れながらも、しんくんはなす。
みんなで手話をしながら、歌いました。(体育すわりをしながら手話をしているマサさんおもしろい・・・)
そして、ピースミュージックのマサさんから一言。 ター坊さんによる、「三里塚同盟の歌」と「ハリケーン」 最後はヨッシーの、
「ファシスト安部政権を倒そう!」
たおそーーー!!
ブレた、途中参加のたーちゃん。
松井さんとやっさんがCDお買い上げ!!

ありがとうございます!
ライブの後は、みんなで河童軒へ!!




 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子